テレビゲームのイラストレーターになりたい!

デッサン力を高める

テレビゲームのイラストレーターには高いデッサン力が必要になります。デッサン力を高めるためには様々なテレビゲームをして、技法を学ぶ必要があります。そしてデッサン力を高めるためには、多くのイラストを描き続ける事が大切です。描けば描くほどデッサン力を高めることが出来るようになるため、出来るだけ毎日描き続ける事と目標を立てて描くことにより、更にデッサン力を高めることが出来るようになります。

描き始める当初は一枚描くだけでも時間がかかってしまう事もありますが、描き続けていく内に段々と時間を短縮することが可能になり、一枚描く時間は当初の頃に比べると半分以下になっている事も珍しくありません。描くことでデッサン力にも磨きがかかるようになってくるため、イラストレーターで大切なイラストの描き方がわかるようになってきます。動きがあるようなダイナミックな描写もできるようになり、迫力のあるイラストを描くことも可能になります。

テレビゲームの作品の数をこなす

イラストレーターになる為には技法を学ぶ必要があるので、テレビゲームの作品をいくつもクリアしていかなければなりません。テレビゲームは色々なジャンルもありますので、テレビゲームのジャンルに応じてイラストレーターも異なるイラストが描かれている為、様々なジャンルのテレビゲームをクリアして行くこと大切です。クリアする数が多ければ多いほど、技法を学ぶことができるようになりますし、イラストレーターとしての技術を身につけることが出来ます。

専門学校や美大に通う

イラストレーターになる為の専門学校や美大がありますので、それらの学校に通う事により、イラストレーターとしての基礎を学ぶことが出来るようになります。専門学校や美大は講師が常に教えてくれるので、イラストレーターになる為の近道の一つということが出来ます。今現在活躍しているイラストレーターも専門学校や美大に通っている方は多く居られ、専門学校や美大に通っていないイラストレーターの方が珍しいほどです。イラストレーターに就職する為にも専門学校や美大を出ておくと就職の斡旋もしてもらうことが出来るようになる為、イラストレーターになりたい方にはおすすめになります。

3DCG職などの専門職に就いて経験値を高める

いきなりイラストレーターに就職するのは敷居が高いものになり、3DCG職などの専門職に就いてからイラストレーターに転職する方が増えてきています。イラストレーターで活躍することが出来る陽になるまでには様々な経験を積む必要があり、その中でも3DCG職はおすすめです。3DCG職ならイラストレーターに大切なグラフィックデザインを学ぶことが出来ますし、自分のスキルを高めることが出来ます。テレビゲームでも3DCGを使う場合が多いのでデッサン力をあげる事も可能になるのでおすすめです。イラストレーターに転職するまでに3DCGを使いこなすことが出来るようになると表現したいイラストを簡単に描くことが出来るようになるので、イラストレーターになった後も困ることが少なくなります。3DCGは美大や専門学校では基礎の部分しか学ぶことが出来ませんが、就職をして仕事で3DCGを使いこなす事が出来るようになると迫力のあるテレビゲームのイラストを描くことが出来るようにもなります。

イラストレーターに必要なソフトウェアを使いこなせる様にする

イラストレーターになる為には様々なソフトウェアを利用してデッサンをする必要があります。作品を描くテレビゲームによっても2Dグラフィックデザインのものであったり、3Dグラフィックデザインのものであったりと同じイラストでも作業に必要なソフトウェアは異なる為、様々なソフトウェアを使いこなせるようにしておくことが大切です。

ソフトウェアを使いこなすことが出来なければ、仕事を受けることが出来る幅が狭くなってしまい、自分が対応することの出来ない物が多いとそれだけ仕事が減ってしまうことになります。様々なソフトウェアを使いこなすことが出来るようになれば、どの様な仕事でも受けることが出来るので、仕事を逃す心配も無くなります。多くのソフトウェアを利用すれば、それだけ多くのイラストを作成することが出来る為、デッサン力の向上にも繋がりますので、多種多様のソフトウェアを使いこなせる技術を習得しておくことが大切です。