10年前と比較して見えてくるテレビゲームのイラストの現在のトレンドは?

テレビゲームの人気を決める要素の中で重要な要素の一つがイラストで、10年も経つと人気のイラストの傾向が変わってきます。10年前の2000年代に流行っていた人気のテレビゲームのイラストと2010年代に人気のあるゲームのイラストを比較検討して、現在のトレンドについて考えていきます。

◇テレビゲームのイラストのトレンドは、その時代のファッションや人気アニメの画風などのトレンドに左右される事について。

初めにイラストで最も人気が作用される恋愛シュミレーションゲームや恋愛アドベンチャーゲームなどの女性ヒロインの絵柄で比較して、2010年代のテレビゲームの女性キャラの顔のトレンドを探っていきます。2000年代前後に人気があったテレビゲームの美少女キャラは、その当時のファッショントレンドの影響を受けて、目力が強調されて目のハイライトは大きくクッキリと描かれ、顔の輪郭もメリハリがあって太い線で描かれていて、鼻や口までハッキリと描かれていて、眉もかなり太めに強調されてました。2010年代に人気のあるテレビゲームの美少女キャラは、目を強調せずに目のハイライトは小さめにして、輪郭も線を細くして凹凸が少なくて、鼻や口も薄っすらとあっさい描かれ、全体的にあっさりと幼めに表現されるようになりました。テレビゲームの女性キャラの顔の違いを具体的に比較すると頬の形と瞳のハイライトの量と眉の太さと鼻や口の書き込み量の違いがあります。その事から読み取れるのは2000年代のテレビゲームの美少女キャラに求められていたのは、自己主張と明確な個性で、2010年代のテレビゲームの美少女キャラに求められているのは、キャラの自己主張や明確な個性ではなく、プレイヤーが自分でそのキャラのビジュアルの想像できる部分を残してくれるようになって、自分好みにイマジネーションできるようになったのだと思います。

◇その当時のハードのスペックによる影響も大きく受けています。

2000年前後頃から、これまでの平面的なゲームや横スクロールの2Dキャラのゲームから、リアル系の3Dキャラクターを操作するテレビゲームが主流になって行きました。だけど2000年当初はテレビゲームのハードのスペック上処理速度が遅く、細い輪郭の線や目のハイライトを抑えてしまうと、ハードで上手く表現できず人物の特定も難しい状況でした。イラストとキャラクターのギャップがありすぎるとゲームのストーリーに感情移入できないので、汚い画質でも特徴が分かりやすいように、目や鼻や口を敢て強調してキャラの判別を出来るようにしてました。2010年代のテレビゲームのスペックは格段にアップして、ポリゴンを使える量も増えて滑らかな表現ができるようになり、2000年代では再現できなかった繊細で細い線やハイライトの小さいキャラでもリアルに再現できるようになりました。

◇ゲームのイラストを製作する機器も格段に良くなった事もトレンドに影響を与えてます。

2000年前後の頃に使われていたPCや機器の性能はかなり低くて、ゲーム会社やCGなどの絵を製造するアニメーション制作会社であっても当時数千万円の高額な機材でも、10年後の家庭用の標準レベルPCにでできるより能力が劣ってました。2000年前後の技術では製作機器のスペックや機能が無くて、製作時に細かい線の繊細なキャラクターを作る事が出来ず、製作費を掛けても技術的に輪郭や目や鼻や口などがハッキリした絵しかCGなどで再現する事が出来ませんでした。2010年の現在に至るうちにPCの処理速度や画像処理速度が大幅に向上して、画像加工ソフトも改良された事によって、以前より低予算の機材で細い線などをリアルに再現できるようになりました。またソフトも改良によりイラストで作ったキャラクターをそのままゲームに取り込んで動かしたり、作った映像自体を自然に動かす事も可能になりました。

◇3D格闘ゲームのキャラクターが10年間で激的に進化しました。

3D格闘ゲームは最もイラストで描かれたキャラクターの感情移入をされやすいジャンルで、10年前と明らかに変わりました。2000年前後の頃の3D格闘ゲームのキャラクターは、その当時に売られていたテレビゲームのハードの影響や製作ツールの制約をもろに受けて、少ないポリゴンで上手く表現するために、無駄に凹凸が無くて平面的に描かれたキャラクターが多く、どちらかというと衣装もシンプルで情報量の少ないキャラが多かったです。2010年代になってテレビゲームのハード面も製作ツールの面も両方向上した事により、より立体的で無駄に凸凹したド派手な衣装や、スタイルが強調されたキャラクターが増えて、恋愛シュミレーションや恋愛アドベンチャーのようなギャルゲーと違って、自己主張の多い個性的なキャラが増加しました。3D格闘ゲームに関してのトレンドは2010年代になってから個性的でド派手になりました。

◇現在のトレンドは10年前と違って何でも表現できるようになってクリエーターの自由度が上がった。

TVゲームのハードの性能向上と、ゲームの映像を作る機器やツールの向上で、クリエーターが作りたい映像を自由に作れるようになりました。

テレビゲームのイラストレーターになりたい!

デッサン力を高める

テレビゲームのイラストレーターには高いデッサン力が必要になります。デッサン力を高めるためには様々なテレビゲームをして、技法を学ぶ必要があります。そしてデッサン力を高めるためには、多くのイラストを描き続ける事が大切です。描けば描くほどデッサン力を高めることが出来るようになるため、出来るだけ毎日描き続ける事と目標を立てて描くことにより、更にデッサン力を高めることが出来るようになります。

描き始める当初は一枚描くだけでも時間がかかってしまう事もありますが、描き続けていく内に段々と時間を短縮することが可能になり、一枚描く時間は当初の頃に比べると半分以下になっている事も珍しくありません。描くことでデッサン力にも磨きがかかるようになってくるため、イラストレーターで大切なイラストの描き方がわかるようになってきます。動きがあるようなダイナミックな描写もできるようになり、迫力のあるイラストを描くことも可能になります。

テレビゲームの作品の数をこなす

イラストレーターになる為には技法を学ぶ必要があるので、テレビゲームの作品をいくつもクリアしていかなければなりません。テレビゲームは色々なジャンルもありますので、テレビゲームのジャンルに応じてイラストレーターも異なるイラストが描かれている為、様々なジャンルのテレビゲームをクリアして行くこと大切です。クリアする数が多ければ多いほど、技法を学ぶことができるようになりますし、イラストレーターとしての技術を身につけることが出来ます。

専門学校や美大に通う

イラストレーターになる為の専門学校や美大がありますので、それらの学校に通う事により、イラストレーターとしての基礎を学ぶことが出来るようになります。専門学校や美大は講師が常に教えてくれるので、イラストレーターになる為の近道の一つということが出来ます。今現在活躍しているイラストレーターも専門学校や美大に通っている方は多く居られ、専門学校や美大に通っていないイラストレーターの方が珍しいほどです。イラストレーターに就職する為にも専門学校や美大を出ておくと就職の斡旋もしてもらうことが出来るようになる為、イラストレーターになりたい方にはおすすめになります。

3DCG職などの専門職に就いて経験値を高める

いきなりイラストレーターに就職するのは敷居が高いものになり、3DCG職などの専門職に就いてからイラストレーターに転職する方が増えてきています。イラストレーターで活躍することが出来る陽になるまでには様々な経験を積む必要があり、その中でも3DCG職はおすすめです。3DCG職ならイラストレーターに大切なグラフィックデザインを学ぶことが出来ますし、自分のスキルを高めることが出来ます。テレビゲームでも3DCGを使う場合が多いのでデッサン力をあげる事も可能になるのでおすすめです。イラストレーターに転職するまでに3DCGを使いこなすことが出来るようになると表現したいイラストを簡単に描くことが出来るようになるので、イラストレーターになった後も困ることが少なくなります。3DCGは美大や専門学校では基礎の部分しか学ぶことが出来ませんが、就職をして仕事で3DCGを使いこなす事が出来るようになると迫力のあるテレビゲームのイラストを描くことが出来るようにもなります。

イラストレーターに必要なソフトウェアを使いこなせる様にする

イラストレーターになる為には様々なソフトウェアを利用してデッサンをする必要があります。作品を描くテレビゲームによっても2Dグラフィックデザインのものであったり、3Dグラフィックデザインのものであったりと同じイラストでも作業に必要なソフトウェアは異なる為、様々なソフトウェアを使いこなせるようにしておくことが大切です。

ソフトウェアを使いこなすことが出来なければ、仕事を受けることが出来る幅が狭くなってしまい、自分が対応することの出来ない物が多いとそれだけ仕事が減ってしまうことになります。様々なソフトウェアを使いこなすことが出来るようになれば、どの様な仕事でも受けることが出来るので、仕事を逃す心配も無くなります。多くのソフトウェアを利用すれば、それだけ多くのイラストを作成することが出来る為、デッサン力の向上にも繋がりますので、多種多様のソフトウェアを使いこなせる技術を習得しておくことが大切です。

テレビゲーム業界の第一線で活躍中!有名イラストレーター列伝

イラストレーターの岸田メルは、アニメやテレビゲームだけが生きがいでした。人生の大半を過ごす仕事において自分の好きなことを見つけることが、人生を豊かにできると言えます。岸田メルはテレビゲーム「ロロナのアトリエ」のシリーズ3部作のキャラクターデザインを手がけています。そのほかテレビアニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」や「花咲くいろは」でキャラクターの原案を担当しています。彼の描く美少女のイラストは、繊細で空気感があると高く評価されているわけです。美少女を描かせたら彼の右に出る人はいない、と評される程です。その一方謎の仮面を被ってネットに登場し、金粉に塗った自身のコスプレ姿を披露しています。

岸田メルは変わったことをするイラストレーターとして、SNSの世界でも知名度が高い存在となっているわけです。変わったことが好きなのは今に始まったことではなく、昔からメチャクチャな適当な人間だったと述べています。岸田メルはアイドルグループの虹のコンキスタドールに関わっており、彼に憧れてメンバーの一人が加入しています。岸田がイラストの枠に留まらないジャンルに踏み出したのは、コスプレ写真がキッカケでした。彼の得意分野はオタク系ジャンルの、可愛らしい女の子のイラストです。現在ではテレビゲームのイラストレーターのほかに、バラエティ番組のサブパーソナリティやアイドルグループのサポートなど幅広く活躍しています。

イラストレーターのカントクは小説「変態王子と笑わない猫」の表紙をはじめ、数々の人気作品やテレビゲームのイラストを担当しています。絵を描き始めたキッカケは、漫画やアニメのキャラクターを模写しはじめたことです。高校時代に同人誌を出したことが、キャラクターやイラストを自分の絵として意識したタイミングでした。最初の同人誌はあまり売れませんでしたが、作ること自体の喜びを感じていたと言います。そこから2冊目3冊目と継続して出すようになり、サークル活動として友人たちと続けたわけです。その頃にホームページを同時に立ち上げ、テレビゲームやCGなどの世界にも興味が広がります。

カントクは高3の時にテレビゲームを試作することになり、友人と一緒に取り組みました。彼は元々テレビゲーム漫画家に憧れを抱いており、それ故ゲーム制作は良い経験になったわけです。大学1年のときに「5年目の放課後」というサークルをつくり、そこでは毎日イラストや絵を描きまくっていました。それまで趣味であったイラストが仕事になったのは、大学3年の頃でした。雑誌のカラーイラストの仕事が舞い込んできて、ピンナップイラストを担当しました。サークル活動の中で色々な出会いがあり、それが現在の仕事につながったと述べています。

島田フミカネは岡山県出身のイラストレーターで、メカ少女ブームの火付け役の一人です。商業誌や同人活動で発表された兵器少女のシリーズは、フィギュア化もされています。メカ少女をコンセプトにしたアニメ「スカイガールズ」や「ストライクウィッチーズ」のメインキャラクターなどを担当しました。島田フミカネの画風は、人と機械が融合した独特のコンセプトによるものです。それゆえ従来のコスチュームタイプとは一線を画します。テレビゲームのキャラクターの特徴としても、スカートの腰より下は履かれてないことが殆どです。露出部分の下着の股上については、極端に狭く描かれています。

島田フミカネは少女のイラストに限らず、兵器やメカニックについても詳しい知識を持っています。イラストレーターになる前は、他の会社に勤めていた経験を持っているわけです。子供の頃からガンダムなどのプラモデル作りに夢中になっており、それが興じてアニメ業界のイラストレーターとなりました。これまでの主な作品としては、同人誌時代の「幻の歩兵戦」や「ストライクウィッチーズアフリカの魔女」があります。本格的に商業誌やテレビゲームに参加するようになってからは、「MCあくしず」のイラストコラムや「オイレンシュピーゲル」のキャラクターデザインなどを手がけました。

hukeはチームフルメカに所属しており、スーパーセルのメンバーでもあります。アニメーション系の専門学校を卒業し、ゲームメーカーに入社しました。そこでテレビゲームのキャラクターデザインを担当しましたが、フリーのイラストレーターとして独立しました。当初は広告のイラストやデザインを主に手がけていましたが、コナミデジタルエンタテイメントからメタルギアソリッドシリーズのイラストの依頼が入るようになりました。同時に個人のブログなどでイラストを公開し、その中の一作品がスーパーセルにメンバーによって曲をつけられたわけです。これをキッカケに2009年にフィギュア化が決まり、アニメ化やゲーム化と次々に話が進みました。

はいむらきよたかは、全体的にパステル調の絵を得意とするイラストレーターです。代表的な作品に「とある魔術の禁書目録」や「メイド刑事」があり、アニメにもなっています。目の細部やイラストのタッチは変化しており、濃淡を活かした作風が特徴の一つです。「このライトノベルがすごい」のイラストレーター部門において、4回も1位を獲得しています。彼の描く美少女は特に金髪美女が高く評価されており、ゲームキャラクターの場合も特徴を良く掴んでいます。